2017年5月23日火曜日

牛肉に、敢えての白ワインです。 ワイン通販 送料無料 スパイシーなソーブラ コスパワイン

牛肉と言えば、赤ワインでしょ~  そんな価値観もありますよね。
それを全否定するわけじゃないんですが、白ワインも牛肉に合わ
せてみましょうよ。
こんな薄切り肉じゃなくて、ステーキ用の分厚いお肉にだって、
わさび醤油で食べるのもアリなわけで。
牛肉をシンプルに、にんにく塩麹だけで味付けして炒めています。
ここは、シンプルに柚子胡椒をかけたいですよね~ワインで、柚
子胡椒を思い起こさせるのは、インドのソービニオンブランですね。

使ったのは、牛肉で一番安い切落としです。パックには
値下げシールが貼ってありました。これをテフロンコートの
フライパンに入れて強火で表面を焦がす一歩手前までさっと
炒めていきます。味付けは、シンプルににんにく塩麹だけ。
一番安いおつとめ品でしたが、臭みも感じられず美味しく仕
上がりました。

焼いたお肉に柚子胡椒。これ、やっぱり鉄板ですねr~
玄米ごはんがススミました。付け合せの人参、ゴボウ、にん
にくの芽なんかを一緒に頬張れば、脂感を上手に相殺してく
れますんで、そんなに脂っこさは感じませんです↓。

お肉と、ご飯を食べきりまして、グラスに残ったワインの
香りを嗅いでみます。注いですぐだと、スパイシーな香り
が前に出ていますが、時間が経って空気となじんで温度が
上がると、蜂蜜を思わせる甘い香りが支配的です。味わい
は、グレープフルーツの柔らかな酸が、更に柔らかになり
分厚い柑橘の旨味が広がってます。

スパイシーなソービニオンブラン、牛肉とも合いますね!
ワインと食べ物の愛称は、その食べ物にどんな調味料をか
けたいですか?これに集約されると思います。グリーンカ
レーの香味や、レモングラスの刺激なんかは、柚子胡椒を
連想させてくれるんで、やっぱり、牛肉にはどんぴしゃ。

あと、大根おろしをかけて、ポン酢でサッパリって食べ方
もイメージが湧きますよね~そうなってくると、酸が切れ
た柑橘系のワインも可能性としてアリですよね~

今回は、牛肉なんですが、敢えての白ワイン推しって事で。

スパイシー系
   

レモンを思わせるしっかりした酸
   
ランソス ブランコ
ドメインブラハム シュナンブラン アンウッド

そして、インドのソーブラです。超絶タマネギ風味の
スパイシーな味わいです。これ、ハナシのネタにいかが?
大丈夫、美味しいんですから^^

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

ワインをご注文下さると、
翌日トーストが最高に美味しい 
こんなハードパンの半分カットが同梱されます。
ウマいよ~ホントだよ~^^)


2017年5月22日月曜日

ハンバーグ、いかがでしょ?

ハンバーグと言えば、
煮込みと、グリルがあると思うんですが・・・

どちらも、わたしゃ、好物なんですが。

どちらの調理法もワインと合わせたくなる料理ですよね。
お肉の脂の旨味に。煮込みの方は、トマトの甘さと酸味が
加わりますし、焼く料理なら、肉汁の旨味と黒胡椒などの
香辛料の香味などが、ワインを合わせるポイントとなりま
すね。

煮込みなら、この辺り。
   

焼きなら、この辺りで。
   

泡なら、この辺り。
   
TAPIZ スパークリング シャルドネ+ピノノワール
ガタオ ヴィーニョ・ヴェルデ
タケダワイナリー シードル

煮込みには、果実味を感じられるワインを、
焼きには、果皮の油脂分に由来するスパイシーな香味の
感じられるワインをセレクトしました。
泡は、ビール的な使い方で、なんにでも合わせられるよ
うなチョイスにしました。

今夜のおかずが、ハンバーグなら、
こんなワイン、おススメですよ~

・・・・・・・・・・・・・・・

ワインをご注文下さると、
翌日トーストが最高に美味しい 
こんなハードパンの半分カットが同梱されます。
ウマいよ~ホントだよ~^^)


2017年5月21日日曜日

スパイス&ハーブな白ワインです。

土曜日は、ピザとパスタなお昼です。

酒屋なんですが、料理も出来た方がいいですよね~


さて、ハービシャスなワインです。ワインを扱い始めた
頃は、絶対嫌いなニュアンスでした。
慣れなんでしょうかね。
いやいや、順番ですわ、呑む順番です。

今回のおススメは、ハービシャスなワインってコトで
進めていきましょう。

上のパスタの画像を撮影するときに、もうビックリ。
ガリガリとミルからふりかけた黒胡椒と、ワインか
ら香る青っぽい香りが、衝撃的なくらいピタっとハ
マったんですよ。

パスタ以外でも、黒胡椒系をかけたくなる料理と是非
合わせて頂きたいですね。

ハービシャスと言えば、外せないのが、ニュージー
の白でしょう。
      
シレーニ セラーセレクション ソービニオンブラン
ホームクリーク マルボロウ ソービニオンブラン

もともとレモングラス風味な生タマネギのニュアンスは、
好きになれなかったんですが、クラウディベイを飲んだ
瞬間に、状況一変、ダイスキになっちゃいました^^
レモングラス風味のワインは、最初に飲むワインの印象
で好き嫌いが大きく別れますんで、最初の一本が大事で
すね。
上から2番目のインヴィーヴォも、非常に美味しいんで
レモングラスの入口には、最適でしょう。
私見ですが、刺激が強くて、初めてのレモングラス風味
には不適なワインは、シレーニでしょうかね。でも、慣
れたら、超ウマイんですけどね~そもそも、僕が美味し
いと思わなければ、絶対仕入れないんでね~

ニュージーランド以外だと、探してみると、
そこそこありましたわ。

フランス
  

スペイン
   

ドイツ

チリ
 

アルゼンチン

南アフリカ
  

インド

日本

スパークリング
 

いや~~そこそこありますなぁ~~
スパイシーでハービシャスなワイン、
ハマルとクセになります。
ワタシもその一人です(爆)

 ・・・・・・・・・・・・・・・

ワインをご注文下さると、
翌日トーストが最高に美味しい 
こんなハードパンの半分カットが同梱されます。
ウマいよ~ホントだよ~^^)